記事カテゴリ

過去記事

日曜日 7月27日


月曜日 2月10日


土曜日 2月 8日


火曜日 1月28日

旧サイトリンク

 


 2019年2月23日(土) 05:54 JST

WFおつかれさま

  • 2013年2月10日(日) 22:44 JST

 

 WF無事終了。

まことん(仮)です。本日は当ブースに足をお運びいただきありがとうございました。
WF実行委員会、同士諸君、版元様もみんな大好きだ(笑

今回も、前日おっさんなのにぎりぎりまで作業をしてしまい、当日エネルギー切れを起こすダメモードでしたorz なんとか、このスパイラルから脱却せねば・・・

今日は、当ディーラーの商品を手に入れるのが主目的でWFに来たと言っていただけたり、セイバーにシュベルトクロイツの替芯の事を質問されたり、SNSゲームのリーダーが挨拶に来てくれたりするとても有意義な一日でした。

あと、今回、金属の商品を持っていって2回目なのですが、お客さんとお話をしてわかった事がある。それは

金属磨きは全然簡単だ!

という事をもっと知ってもらう必要がある。という事。とりあえず、なにかページ作る。これは絶対にやる。なんというか、この楽しさを伝える必要をひしひしと感じたのである。

ページを作るので蛇足になると思うが、簡単に理由を説明しておこう。見たい方は”続きを読む”から。

(正直長文の上に変な文体です。最初に謝っておきます)

金属は単色である。従って以下の作業が必要ない。

  • サフ吹き(下地調整)
  • 着色、および必要な場合は細かい塗り分け(例えば目とか)

ああ、わかります「リインフォースは十字の部分塗るじゃないですか!」って言う声が聞こえます。しかし、一生懸命サフを吹き、作った表面というものは存在しないため、はみ出た部分はシンナーつけた綿棒でごしごしこすってもらっても何の問題も無いのです。サフごと拭き取ってしまい涙目見たいなことは概念的にも実際にも起きません。

当ディーラーのキットは1パーツであり、以下の作業が必要ない

  • パーツ合わせ(隙間埋めや接合部の調整)
  • 位置合わせ(ポージング)
  • 接着(組み立てに必要な諸作業)

もう気がつかれたと思うが、基本 磨くだけなのだ

また、道具についても(こだわらなければ)最小限準備するだけでOK

耐水紙ヤスリ(600,1000,1500,2500)
金属用細工ヤスリ
コンパウンド(荒目、細目)
ティッシュペーパー、ハギレ、(あれば、眼鏡ふき等の目の細かい布)

基本的にはこの程度でいける!。お近くのホームセンターなどで、全部買っても2〜3千円、用途をきちんと絞って買えば千円切れる投資で済みます。

職人ななるなら話は別だが、今気に入ったものを仕上げる程度のレベルで良いのであればガレキに必要な数限りないノウハウは(知っていれば助けにはなるが)無くてもどうという事は無いのである。(まことん(仮)も金属加工職人ではない。)

さらに、長い塗装行程で起きる失敗というのも磨く作業ではそうそう起きるものではありません。「ああっ!塗料まだ乾いてないのに触っちゃったよ!」とか心を折るようなアクシデントも100%起きません。むしろ、磨けば磨いた分、輝きが増し、喜びとやる気が増します。

 また、塗装を前提としたガレキやプラモデルでは、塗料の調合などの都合もあり、どうしてもある程度の時間を集中して使わざるを得ませんが、磨き作業は自分のやりたいときにやりたいだけ行う事ができます。事前準備はほぼ0、終わった後もせいぜい手を洗うぐらいです。

どうでしょう。やればやるほど結果がついてくるすばらしい作業が磨きなのです。ちなみに、当方で販売するキットは銀などの固い金属ではなく、錫(スズ)をベースとしたピューターと言う合金です。簡単にやすったり磨いたりができると考えています。ガレキ、プラモデル用に買った組ヤスリなどはそのまま使えます

ここまで読んでいただけた方は「金属加工とか難しそう」とかいうイメージをかなり払拭出来たのではないかと思います。ぜひ皆さんには有意義な磨きライフをエンジョイしていただきたいと思います。その華々しい第一歩に当方のリインフォースが選ばれれば望外の幸せです。

ピカピカの金属アイテムをあなたの手で!!

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
https://km.dot-net.jp/trackback.php/20130210224438488
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

  • WFおつかれさま
  • 投稿者:幕張在住☆ on 2013年2月11日(月) 11:41 JST

WFおつかれさまでした☆

また、お招き頂き多謝。

金属磨き、なにやらニューウェーブな予感いっぱいですね(笑)

でも、完成品のフィギュアでも、武器や小道具が金属だったら一段

とグレードアップでき、かつ本体に触らずにイケるとなれば、なにやら

良い匂いがしそうな・・・さ!僕も磨いて功徳を積むぞ!