記事カテゴリ

過去記事

日曜日 7月27日


月曜日 2月10日


土曜日 2月 8日


火曜日 1月28日

旧サイトリンク

 


 2019年2月23日(土) 05:24 JST

よろよろ時間

  • 2009年7月13日(月) 23:29 JST

 “時間”の所はタイムって読んでほしい(挨拶

 

 週末に風邪をひいてしまい、自宅でよろよろしておりました。まことん(仮)です。季節の変わり目で、体調を崩しやすいかと存じますが、皆さんも体には気を付けてください。

 2週間ぶりの更新ですが、実は、そんなこんなで今週は風邪、先週はガレキじゃなくて友人から、ギターの改造を請け負ったりしていましたので、なんとなく公開。

 そういうわけで、topにも貼りましたが、ギターのオーバーホール&改造の依頼です。

 友人が高校生のころから使っていたと言う愛用のPGM100のプレミアモデルです。ある意味ビンテージなのですが、友人的にもう弾き倒したので、トレモロユニットのノントレ化をしたい。と、もう1年ぐらい前に相談されたので、「〜〜〜〜〜な感じでやれば出来ると思うよ」と言う感じでアドバイスして、一時期は友人自ら作業をしていたのですが、ギブアップというか飽きたということ&新しいギター買うか!と言う話になり、フィニッシュはおいらの所に回って参りました。

 出来上がったら、当分貸してくれるというので、自分が使っている安物と弾き比べたりしたい所存。ちなみに、まことん(仮)も、高校生のころにギターを手に入れたのですが、いくつかの(当時)気に入らない所があって、他の楽器に浮気してて、大して弾けないんです。せいぜいアニソンのボーカルパートをコピーする程度だと思ってください(笑)ふわふわ。

 そう言う訳で、ボディー部分。緑色の所がパテ埋めしたトレモロユニットの入っていた穴。ちゃんと、中は木を埋め込んであります。弦楽器なので、ある程度は振動にも気を使ったつもり。

 まぁ、本職の人からしたらあり得ない方法だと思うので、ある意味ネタ程度に軽く見てね。

 拡大図。木を埋めて出来た凹凸(主に凹み)をパテでならしちゃいます。写真は、パテを盛った直後。

 実は、表面処理は終わっていて(写真まだ撮ってない)色を塗ればそれなりになるよ。って所までは進んでいます。ただ、塗装がどうやら、銀の下地塗装+半透明塗料のいわゆるMAX塗りで仕上げてあるので、色を似せて塗るのが至難の業かと・・・

 そんな訳で、とりあえず考えた作戦は、

  1、出来るだけ似せた青形の塗料で下地を塗る
  2、クリアーの青、赤を使って色見を調整する
  3、ウレタンクリアーを塗って研ぎ出し

 ・・・って感じで行こうかとおもっちょります。
 

工作系カテゴリでは初の複数回掲載になりそうな予感を残しつつ、今日の所はこれまで。

 

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
https://km.dot-net.jp/trackback.php/20090713232938329
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

  • よろよろ時間
  • 投稿者:ゲストユーザ on 2009年7月15日(水) 23:09 JST

ふわふわタイムじゃないんですねw

ギターの改造まで手がけられるとは、とことこん器用な方ですね。

感嘆しきりです。

オーバーホール後、最初の演奏はぜひチャルメラをお願いします。

コメントありがとうございます。

こんな方法でいいのか良くわからないのですが、多分大丈夫だろうという、

素人考えで進めているだけなので、大したことは無いですよ>ギター修理。

(まぁ、適当にぐぐったりはしましたが)

チャルメラの件は了解です。何とかしたいと思います。